転んだときだけ柔らかくなる床  ころやわ
転倒による骨折から高齢者とその家族を守る

scroll ▼


Our Purpose

私たちの目的



誰もが最期まで
尊厳を持って生きられる
社会を実現するために



Problem

社会課題 


転倒により骨折する高齢者は
毎年100万人

骨折は「要介護」の原因第3位 (*1)


大腿骨を骨折する高齢者は
年間約25万人(2020年時点)(*2)

65歳以上の3人に1人が1年以内に転倒を経験しています。転倒して骨折した 人のうち、4人に1人が大腿骨の骨折です。「大腿骨の骨折」を経験した高齢者5人のうち、2人は1年後に1人で歩くことができません。 「大腿骨の骨折」は生活の自立度を下げる(*3)原因の一つなのです。

脳卒中・認知症に次いで多い
高齢者の骨折

要介護となる原因の第3位は、「転倒による骨折」(全体の約12%)。
骨折時の痛みはもちろん、その後に待ち受ける生活は高齢者本人にとって苦しいものですが、家族にも介護の時間的・金銭的負担が発生します。

(*1)平成25年国民生活基礎調査の概況(厚生労働省) 高齢による衰弱除く  (*2) 大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン (改訂第2版)

若い人であれば、仮に転んだとしても骨折することはほとんどありません。

高齢者は身体機能の低下により、転倒時に上手く受け身をとることができず骨密度も低下しているため、簡単に骨折してしまいます。高齢者の転倒による骨折は屋内で多く発生しています。

そこで私たちは、屋内環境(床)を改善することで骨折のリスクを最小限にできると考えました。



Solution

社会課題の解決策 

転んだときだけ柔らかくなる床「ころやわ」を開発し
骨折から高齢者とご家族を守ります。

世界中で「大腿骨骨折が原因で『寝たきり』になる人をゼロにする」ことを目指して

現状、骨折リスクが高い高齢者は「骨折を恐れて本人が歩かない」「本人のために周囲の人も歩かせない」ために、心身が衰弱していく負のスパイラルに陥っています。

私たちMagic Shieldsは 「すべての人が骨折を気にすることなく、自分の意思で自由に動ける」社会を実現することで負のスパイラルを断ち切り、高齢者の尊厳を守りたいと考えています。


そのような社会を実現するため、私たちMagic Shieldsは転んでも骨折しにくい・転んだときだけ柔らかい床を開発しています。


User

想定する利用者

骨折経験のある高齢者

転倒による骨折の不安の解消に

転倒リスクの高い
疾患を抱えた方

日々の生活の苦痛を最小限に

介護をするご家族

日々の介護負担の軽減に

リハビリ専門職の方

早期の歩行自立の手助けに


Use scene

想定する利用シーン

一般家庭
(リビング・寝室・廊下などに)

病院・介護施設

(リハビリエリア・居室などに)

公共施設・商業施設

(待合スペース・様々な場所に)


News

お知らせ

最新の施工事例はこちら

2020.08.31

月刊シニアビジネスマーケット(9月号)に骨折予防対策床材「ころやわ」が掲載されました

【メディア掲載】

2020.07.31

静岡放送(SBSテレビ)の番組「ORANGE『逸品』」に、「ころやわ」と「お客様」が登場!
※放送予定:8月4日(火)夕方18時15分~18時45分の間、4~5分程度

【メディア掲載】

2020.03.27

中日新聞の取材を受けました

【メディア掲載】

2020.03.16

弊社代表取締役の下村が、浜松いわた信用金庫主催「チャレンジゲート」最終審査会 に登壇しました

【登壇情報】

2020.02.20

株式会社 Magic Shieldsのホームページをリニューアルいたしました

【お知らせ】


Contact

お問い合わせ

「ころやわ」のお取扱・お取引をご希望の方は、
 こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。